にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

  • facebook
  • twitter
  • Search

教えて先輩! 第27回

思い立ったらまず行動! 結果は後からついてくる

2009.09.29 掲載

本町3,4,5丁目商店街振興組合連合会 本町コンシェルジュ

田鹿 圭太さん

26歳 上越市高田

 上越市出身。高校卒業後、地元の製造業での勤務を経て、東京のテレビ製作会社で働く。2006年にUターンし、2009年5月より、上越市高田本町の商店街の“コンシェルジュ”として、商店街の案内や活性化に取り組んでいる。

県内に就職をしたきっかけ

 高校卒業後は、地元の製造業の会社に就職しましたが、物心がついたときからテレビ関係の仕事をしてみたいという気持ちが何となくありました。また、いろいろな経験を積んでみたいということもあり、東京に行くことにしました。
 思い立ったらすぐ、という感じでしたね。就職も住むところも決まってませんでしたが、とりあえず東京に行って求人していたテレビ製作会社に電話して、そこで仕事をすることになりました。テレビ業界の人材育成は基本的に叩き上げなので、すっごく怒鳴られたりしましたけど。
 4年くらい東京にいました。その後、上越に戻ってきたのも、特に大きな理由があったというわけではないのですが、長男なので、いずれは家を継がなければならないという考えがありました。
 戻ってくるときも、就職先が決まっていたわけではないですが、何とかなるだろうというふうに考えていました。

その際の不安

 Uターンしてくる時には、帰ったらこんなことがあるだろうとか、戻ってきてこんなことをしたいというようなのはなかったですね。たとえば新潟でテレビ関係の仕事があるかといえば、そうではないので、あるものの中でやっていこうと考えていました。
 3年くらいはアルバイトをしていましたね。今年の春に、ハローワークで本町コンシェルジェの求人情報を見て応募して、採用という形になりました。

仕事の内容

 上越市高田駅前の商店街のコンシェルジュ(案内人)の仕事をしています。町にいらっしゃるお客様の道案内をしたり、商店街のお店を取材してインターネットやラジオなどで紹介しています。今は、10月10日~12日に行われる「城下町高田花ロード」に合わせて、「本町コンシェルジェとゆく花の道ツアー」の準備をしています。商店街や町の名所などを巡るというもので、「商店街のお店はなかなか入りづらい」という声も聞かれるので、気軽に中に入ってお店の人とお話ししてもらおうという内容です。
 自分一人で盛り上げられるものではありませんが、いろいろな人と協力しながら、高田のオリジナルの名物を作っていければと思っています。

今後の構想・・・

 今やりたいと思うのが、週末に商店街の沿道を全部歩行者天国にしたいということです。そこで毎週イベントがやれたら面白いと思うんですよね。地域のみなさんに「週末になると、何かやってるよね」と思ってもらえるようにしたいですね。
 またよくドキュメンタリー番組で、商店街の再開発の事例とか、活気を取り戻すための取組とか、取り上げられていますので、そういう番組は食い入るように見ますね。うちの商店街に生かせることはないかなって。思考がそうなっているというか、郊外のスーパーなんかにいっても人通りとかが気になりますね。

本町商店街のコンシェルジュ日記へのリンク

休みの日の過ごし方

 仕事で頭を使う分、休みの日は家でゆっくりして疲れをとって頭を休ませています。あとテレビを見ることが多いですね。テレビから情報を得られるので、ニュースを見ることも多くなりました。
 あとは週に1回仲間と集まって体育館でバスケットをしています。それと自分はずっと陸上をやっていて、走るのが趣味なんです。休みの日は、10キロ以上は走っていると思いますよ。そこそこの選手だったので、また鍛えて大会に出ようかと考えています。Uターンしてきて、自由に使える時間は多くなったので、やれることは片っぱしからやろうと考えています。それが結果として、自分の名前も売れ、仕事の宣伝につながると思いますので。

住んでいる地域の魅力

 東京とくらべると、良くも悪くも刺激が少なくて淡々としているという印象がありますね。それがいいか悪いかはというのは、人それぞれなんじゃないでしょうか。
 東京は、刺激はありますけど同時に圧迫感もありますね。実家に戻ってきて、安心感はありますね。
 こういう仕事をしていますので、一層魅力ある街づくりをこれからしていかなければいけないものだと思っています。

若者へのメッセージ

 あんまり貪欲にやりたいものがないとしても、その分、一日一日をしっかり生きていきたいと思っているんです。そうすれば、自ずと実績や評価がついてくるのではないでしょうか。
 人にもよるでしょうけど、新潟に来ると、たぶん東京にいるときよりも自由になる時間が多くなると思うんですよ。その時間を使って、いろいろなことにチャレンジしてほしいですね。やりたいと思うことがあっても、考えているだけでは何にも進まないので、ぜひ行動に移してほしいと思います。


本町3,4,5丁目商店街振興組合連合会
〒943-0832 新潟県上越市本町5-3-28
TEL:025-524-4761 FAX:025-524-4765
電子メール:honcho-concierge@joetsu.ne.jp

新潟県上越市本町商店街ポータルサイト ホンチョウウェブ!へのリンク

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
uitc@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ