にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

  • facebook
  • twitter
  • Search

教えて先輩! 第18回

“音楽活動をしながら田舎暮らしをする”という人を増やしていきたい

2008.12.26 掲載

上越新堀ギター音楽院代表

中村真二さん

40歳 上越市安塚区

 1968年、京都市生まれ。静岡県伊豆にある日本ギター専門学校を卒業後、1年間同校で専任講師として勤務。その後7年間、当時神奈川県横浜にあった新堀ギター音楽院本部で専任講師として勤務。1999年に転勤になり、新潟県上越市大島区にあった専門学校と埼玉県さいたま市のギター教室の両校の勤務となる。大島区の専門学校の学生の減少に伴い、本部では2007年3月で撤退する方向に話が進む中で、上越市に残り教室を続けることを決意。2007年4月に新堀グループの中で独立採算制の「上越新堀ギター音楽院」を立ち上げる。音楽の先生としての活動を中心に、コンサート活動、音楽を通したボランティア活動など上越市を中心に幅広く活動している。上越市安塚区在住。

Iターンしたきっかけ

 20代の頃は神奈川県にいましたが、人が多くて仕事や社会のスピードが速いことを辛く感じていました。自然のあるところで自分のペースで生きたいと思っていたので、チャンスがあったら大島区にあった新堀グループの学校に移りたいとずっと思っていました。
 そうしているうちに1999年に転勤になって大宮の教室と上越の学校の勤務になり、行ったり来たりの生活で一年の半分を上越市で過ごすようになりました。最初は学院の寮に住んでいましたが、2001年春に安塚で畑付き一軒家がすごく安く売りに出ていて、それを買って住み始めました。
 2007年にグループの学校の統廃合があり、本部では上越市から撤退する方向で話が進んでいました。本部に戻る選択もありましたが、僕らが帰ると生徒さんを教える人もいなくなるし、こちらでできつつある人間関係が好きだったので、僕はできれば残りたかった。本部からは上越に残ってやりたいようならフランチャイズでやってもいいと認めてもらえたので、新堀グループ本部から営業権を買い、高田や柏崎の教室の経営を引き継ぎ、上越市で暮らすようになりました。

新堀ギター音楽院へのリンク

Iターンする際に不安だったことや心配だったこと

 最初の7年間はマルチハビテーションのような状態で行ったり来たりで、それが準備期間になり、全然知らない人ばかりの環境ではなかったので、不安や心配はありませんでした。最初は学校の寮に住んで、学校の職員やスタッフ、そして地元の生徒さんもいましたからね。雪国にIターンすることでの不安は実際の雪の程度を知らなかったのでそれほどありませんでした(実際に住んでからの方が雪下ろしとかが大変なことがわかりました)。

上越市安塚区へのリンク

現在住んでいる地域の魅力

 それはもちろん自然の豊かさです。雪が融けたら泣けてくるくらいうれしいなんて、こちらに来て初めて感じました。地面が見えてきた瞬間とかフキノトウがでてきた瞬間とかね。都会では春になったらうれしいという感じはそんなにありませんでした。
 それから食べ物は何を食べてもおいしいです。
住んでいる人達も、がつがつしていないというか、普段は奥ゆかしい人が多いのですが、いざイベントとかやる時には皆が協力してすごいパワーを発揮します。みんないい人で、ずるく楽をしていい面を見ようという人がいない感じです。

NPO「昭和の記憶」へのリンク

仕事の内容

 いろいろやっていますが音楽を教えるのが本業です。上越新堀ギター音楽院として、大島区の本校と高田教室と柏崎教室があり、各地の音楽サークルへ出張レッスンに行ったり、上越市にあるいくつかのカルチャースクールの講師もしています。また、上越「日曜学校」市民ギターオーケストラでの指導や発表活動などを行っています。
 教える仕事以外では、町屋交流館・高田小町のコンサートサロンを主宰し、地域交流コンサートをやったり、ボランティア演奏グループと指導などをしています。個人ではギター弾き語りによる演奏活動をしていて、今年から「NPO昭和の記憶」の応援会員となって、「ギターの弾き語り・甦る“昭和の記憶”名曲選コンサートシリーズ」なども始めています。
 また大島区では平成3年に“音楽村宣言”をしていて、区内の音楽普及活動、コンサート実施などを手がける大島音楽協会の事務局長もしています。
 日曜もほとんど予定が入っているので、一週間の中でまるまる休みの日がない状態ですが、空いている時間は適当に休んだりしています。きついといえばきついですが、仕事のペースも自分で作れますし、考え方次第なので。また暇すぎると収入がなくなるので、請けられる仕事は何でもやるようにしています。

町屋交流館高田小町へのリンク

休みの日の過ごし方、オススメのお店

時間が空いたら温泉に行きます。多いときは週に3回くらい、あちこちの温泉に行っています。おすすめの温泉は泉質がいい安塚の雪だるま温泉と、景色がいい松代の芝峠温泉です。雪だるま温泉の食堂の木久蔵ラーメンはおいしいです。ざるそばなら、この辺のお店ならどこでもおいしいですよ。

ゆきだるま温泉雪の湯へのリンク

Iターンを考えている若者へのメッセージ

 ぜひ来て下さい。ただ知らないところにいきなり飛び込んでいかないほうがいいと思います。予期しないことが起こるので、そのときに相談できる人がいないと行き詰ってしまいます。最初は短期間で来てみたりするといいと思います。十日町市ではレンタルハウスがありますが、そういう場所を利用したり、短期間でも地元の人の話を聞いたりしながら、地元の知り合いを増やしていくといいと思います。
 僕としては“音楽活動をしながら田舎暮らしをする”という人を増やしていきたいと思っています。今はスタッフ3人でやっていますが、自分の仕事を充実させて、将来的に一人でも多く音楽でメシが食える雇用の場所を増やすということを目標としています。

<連絡先>
上越新堀ギター音楽院
本部事務局:〒942-1103 上越市大島区大平314-2
TEL:025-594-3444 FAX:025-594-3536
E-mail: j_niibori_guitar@softbank.ne.jp

交流居住ポータルサイト 新潟県十日町市へのリンク

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
uitc@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ