にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

  • facebook
  • twitter
  • twitter
  • Search

教えて先輩! 第155回

働きやすい職場だから仕事も暮らしも充実しています!
- 良好な人間関係が支える働きやすい職場づくり「ナカノアイシステム」 -

2020.10.08 掲載

株式会社ナカノアイシステム 情報管理部

金子 夏輝さん

三条市・新潟市

10・11月は「わくわくワークにいがたキャンペーン」とのタイアップ特集!
働きやすい職場づくりに取り組む県内企業の従業員の声をお届けします。

◎わくわくワークにいがたキャンペーンとは?
「働き方改革推進に向けた機運の醸成」と、「魅力ある・働きやすい新潟県の発信」を目的に、新潟で働きやすい職場づくりに取り組む企業の魅力や、そこで働く人の声を発信します。

\金子さんってこんなひと/
◎出身など 茨城県大子町出身、1991年生まれ
◎経歴 東京農業大学森林総合科学科へ進学(東京都)→就職で新潟県へIターン
◎家族構成 本人・夫・子ども
◎わたしの会社のここが働きやすい!
産休育休・子育て中の有給取得、男性の育児休業取得、エルダー制度、人間関係のよさ

大学時代に出会った「測量」を仕事にしたい

 もともと山育ちということもあってか、森林に興味があり、東京農業大学の森林総合科学科に進学しました。さまざまな実習の中で特に印象に残ったのが測量。現場に出るのが好きでしたし、皆で協力して作業することが楽しかったです。
 就職活動では女性の技術職として測量の仕事ができる建設業者や測量会社を中心に、東日本エリアで広く仕事を探していました。その中で出会ったのが新潟市のナカノアイシステムでした。ホームページが充実していて会社の雰囲気がわかりやすいという点と、社員数が多く、新潟で一番大きい測量会社であるという点から安心感があり、話を聞いてみようと個別説明会に参加しました。航空写真や3Dレーザーでの測量などの新しい技術をどんどん採用して、挑戦をしている会社の姿勢に感銘を受けて就職を決めました。現場で活躍している女性の技術職社員がいたのも心強かったです。

地味だけど、生活を支えるやりがいある仕事

 技術職として採用されたのですが、急な欠員もあって最初に配属されたのは営業事務の仕事でした。その後、航空測量の部署で航空写真をもとに地図を作成する仕事を担当したり、役所の固定資産を整理するプロジェクトチームに加わったりしました。
 現在は、情報管理部で市町村の下水道台帳を作成する仕事を担当しています。台帳と言っても紙ではなく、図面や排水設備の工事概要、使用者などの情報を総合的に管理するGIS(地理情報システム)を使って管理しています。先日は、下水道工事のあった現場に赴き、現況調査をして地図に落とし込む仕事をしました。一つ一つの作業は地味ですが、こうしてつくったデータが生活を支えるために活用されると思うとやりがいを感じます。また、役所で打ち合わせする際などに私たちの作った地図が使われている様子を見ると嬉しくなりますね。

スキルアップを支えてくれる制度と人間関係

 いろいろな仕事を経験できることで知識の幅も広がり、自身のスキルアップにつながっていると感じています。部署によって仕事内容は全く違うので、覚えるまでは時間がかかりますが、上司が指導担当としてしっかりとフォローしてくれます。
 また、新卒社員の場合は1年間の研修期間があります。始めの半年間は2ヶ月ごとに3つの部署をまわり、残りの半年は配属された部署で研修を行います。研修期間は、何でも相談できる教育係をつける「エルダー制度」が導入されています。私が入社したときには1年かけての研修はなかったのですが、いろいろな部署の仕事を最初に経験できると自分の適性がわかるし、会社全体でどんな仕事をしているかイメージを持てるので、うらやましい制度ですよね(笑)。
 気になることがあれば何でも伝えられる職場環境でもあります。毎日提出する日報では取り組んだ仕事だけでなく、「感じたこと」などを記載する欄もあり、日々の仕事に対する気持ちを上司や社長に伝える機会にもなっています。全社員の日報は毎日社長が目を通しているそうですよ!日報でなくても、ちょっと気になることがあれば、上司に相談しています。

子育てに理解がある先輩ばかりで助けられています

 2018年に第一子を出産し、1年間の産休・育休をいただきました。まわりの先輩も皆育休を取っているので、休みにくさはありませんでした。最近は男性で育休を取得する人も増えてきました。他社に勤める友人に話を聞いてもまだ男性の育休制度までは整っていないことが多いので、良い会社だなと感じています。
 復帰まで1年と期間が空いたので、いろいろ不安もありましたが、仕事は育休前と同じ内容を担当させてもらえましたし、感覚が戻るまでは前任者にサポートしてもらっていたので助かりました。復帰当初は、子どもの熱などで保育園からの呼び出しも多く、帰らなければいけないことも多々ありました。その度に申し訳なさを感じてしまうのですが、部署内には子育てを経験してきた先輩たちばかりなので、いつも温かく送り出してくれます。もしも子どもにトラブルがあったときも対応できるようにと、育児中の社員にはバックアップ体制を整えてくれているのも心強いです。
 子育ては大変なことも多いですが、最近はその大変さが仕事に活かせてきたような気がしています。子育てをしていると、やりたくないことでも「よし、やろう!」と自分を奮い立たせる場面があります。そういう経験が仕事にも通じているみたいで、最近は産休前よりも新しいことに挑戦したいと考えるようになりました。

暮らしも仕事も新しいことに日々挑戦

 私は茨城県出身で、就職前に新潟県に来たことはありませんでした。昔から好奇心は強い方なので、知らない土地に行くことは苦ではありませんでしたが、やはり周りの人に支えられて、ここまでやってくることができたと感じています。当初は知り合いもほとんどいなかったのですが、同期や先輩と飲みに行ったり、音楽教室に通って仲間が増えたりと、少しずつ知り合いの輪を広げていきました。新潟に来てみて、穏やかな人柄の方が多いと感じましたし、食べ物はなんでも美味しいので驚きました。郷土料理の「のっぺ」はおいしいし、以前は苦手だった魚も新潟に来て食べられるようになりました。
 休みの日には、よく家族で公園に行っています。新潟市南区にある「白根庭園」や三条市にある「しらさぎ森林公園」は、地元に近い雰囲気を感じられるので特にお気に入りの場所ですね。
 暮らしも仕事も生活の一部。子育ても仕事も、新しいことに挑戦しながら、日々の生活を楽しんでいきたいと思います。

株式会社ナカノアイシステム

◎所在地  ・・・新潟市中央区鳥屋野432番地
◎業種   ・・・測量業
◎従業員数 ・・・160名(令和元年10月1日現在)
◎業務内容 
 ・測量・調査:デジタル航空写真測量を中心に最新技術で測量・調査を実施
 ・ 3D計測:空中・地上・水域などを3Dを使ってさまざまなアプローチで計測
 ・ 保安林解除申請等:国有林野などの測量・調査から各種申請書作成までをサポート
 ・国・自治体向けサービス:道路や上下水道、固定資産などの台帳整備、自治体業務にGIS(地理情報システム)を導入するサポートなど

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
uitc@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ