にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

  • facebook
  • twitter
  • Search

新しい働き方 第22回

協働センターとしての役割

2013.01.29 掲載

vol3

野本和香奈さん

長岡市

vol3

関連記事を見る vol1 vol2 vol4

長岡市出身。県外の大学に進学し首都圏で就職。東日本大震災がきっかけでボランティアに目覚め、退職。現在、長岡市でNPO法人の立ち上げ、運営相談など地域のNPO活動を支えている。

無関心だった自分

 毎日のように雪が降る季節になりました。市民協働センターオープンから早10か月。私がここで働くようになってから、さまざまな場所で活動する多くの人と出会うことができました。そして、多くの出会いの中でピンっとくるたくさんの「気づき」をもらっていました。今回はそんな「気づき」の話をしていきたいと思います。

出会いの中で、気づかされたこと

 協働センターで働いていると、「自分は今まで社会に対していかに無関心だったんだろう」ということに気づかされます。
 例えば、「ぷれジョブ」。ぷれジョブとは、障がいを持った子どもたちの職業体験プログラムのことで、子どもの親たちが中心となり活動を行っています。
「子どもたちには、親亡き後でも地域の人から愛され、必要とされる存在になるように育って欲しい」「小さなころから積極的に外に出て、地域で就労する気持ちをもってもらいたい」との想いから始まった活動で、地域にある事業所に協力してもらい、子どもたちがやってみたい、またできそうな仕事を1週間に1時間程度、その活動を半年継続します。仕事は、地域のボランティア「ジョブサポーター」と一緒に行い、わからないところはジョブサポーターから支援してもらう、というものです。

子どもたちから学んだこと

 協働センターでも、6月から「ぷれジョブ」の受け入れを行い、毎週火曜日に小学6年生の女の子が来て、発送作業や会議室の清掃などを手伝ってもらいました。私も毎週その子と一緒に活動し、いつも元気をもらっていました。正直なところ、私はぷれジョブに出会うまで障がいを持つ子が地域でどういう風に生活し、その親がどういった想いで子育てをしているのかということを知りませんでした。ですがこのぷれジョブ受け入れを通じて、その生活や親たちの想いを少しは知ることができたのではないかと思います。

当事者意識を持つ事で

 そして、今まで生活している中で障がいを持つ子と接する機会は少なからずあったにも関わらず、相手の生活を想像することがなかったことに気づきました。学校に通っていた頃や普段町を歩いているときでも。そう、他にあまり関心はなく、自分が良ければいいと思っていたのだと思います。また、社会の中でそういう居場所は自分がつくるものではない、自分は当事者じゃないから、誰かがやってくれるのだろうと思っていたのだと思います。
 しかし、ぷれジョブのお母さんたちは、自分が当事者となり、活動を始めたのです。社会は誰かが変えてくれるものではない。自分たちの力で少しずつ変えていかなければいけない。きっとそんなことに気づいたのではないでしょうか。そして、ぷれジョブの活動を通して、そう気づけたことは私にとっても大きな収穫でした。

気持ちに寄り添うことが大切

 活動をしている人に対してその気持ちに寄り添うことが重要なのは、前回のコラムでもお伝えしましたが、その気持ちに寄り添うのは、他のだれかではなく、私たち自身一人ひとりであるという想いが大切です。そうやって多くの人にこの気づきを持ってもらえれば、社会も少しずつ変わるのではないでしょうか。協働センターとしてもその役目を担っていけるといいと思っています。

ながおか市民協働センターのホームページへのリンク

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
uitc@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ