就活・移住・転職の相談は、にいがたくらしごとセンター

トピックス

子育てのススメ 先輩インタビュー

子どものキラキラとした笑顔が見られて嬉しい!

岡村 秀鎬さん 岡村 祥子さん (阿賀野市)
2022年1月取材
・出身地:ご主人 大阪府・東大阪市、奥様 新潟県・阿賀野市
・移住時期:2021年3月
・移住直前のお住まい:大阪府・大阪市
・暮らし:夫婦・長男の3人暮らし
新潟に移住することを考えた・決めたきっかけはなんですか?

コロナ感染症が流行し、何事においても距離を求められる中、大阪での子育ては大変でした。頼れる先がなく、人との交流も制限され、都会での子育てに対し徐々に不安やストレスが募っていきました。大阪での生活が続けられるよう、夫婦それぞれで工夫や努力を重ねましたが、やはり徐々に歪みが大きくなり、衝突も増えていきました。何度も話し合いを重ねた結果、「家族3人が幸せになるには新潟で暮らすという選択が一番だ!」と移住を決断しました。新潟は妻の出身地であり、私も転勤で住んでいたことがありました。新潟での生活をある程度わかっていたことや、「大阪に行きたくなったらいつでも遊びに帰れる」という、持ち前のフットワークの軽さと前向きな性格が後押しとなりました。

新潟に移住して感じたことはなんですか?

とにかく車社会です。引越してきてまずしたことは、夫婦2台分の車の手配でした。東京・大阪で車の要らない生活してきたので、どこに行くにも車が必要なのは、最初のうちは正直わずらわしかったです。特に冬道の運転には神経をとがらせていたと思います。移住して、精神的にはかなり安心感を得て、望んでいた穏やかな生活が送れていると思います(毎日ではないですが。笑)。ありがたいことに夫婦共々再就職も叶い、新潟でまた働けることが嬉しいです。新潟市は採用・転職の年齢の幅が割と広いので、30代後半でも色々な職種にチャレンジできる機会があるのは良いことだと思います。

新潟で子育てをして感じたことはなんですか?

県内の市町村でも差があるようですが、私たちが住んでいる阿賀野市は子育てに関する助成が手厚く、保育園に入りやすいので、社会復帰しやすいと思います。当初は面倒に感じられていた車移動も、車さえあればどこでも行きたい場所に行けるという思考にチェンジしてからは、子どもと一緒に行動できる範囲が拡大してうれしいです。季節や天候による制限も多いですが、施設や観光地が点在しているがゆえ、外出はなんだかいつも小旅行気分。次あそこ行く?こんな所あるんだって!と人づて、SNSなどで情報を得て、想像以上に外出先の選択肢があります。イベント、催し物も多く、ラジオや新聞から得られる子育て情報やお出かけ情報もあなどれません。

オススメの子育て・お出かけスポットを教えてください。

子どもがまだ小さいのであまり出かけていませんが、「いくとぴあ食花」「県立植物園」「ヤスダヨーグルト」「阿賀野川河川敷公園」「マリンピア日本海」にはよく行きます。冬場は「イオン」や「アピタ」等へ行くことが多く、どこのご家庭も同じようです。「わくわくヒルズ」や「ラポルテ五泉」のような全天候型の施設もあります。冒頭の5つの場所は車が停めやすい、あまりお金がかからない、ある程度走り回っても迷惑をかけにくい等の理由でよく連れて行きます。親も楽しいのは「マリンピア日本海」「サントピアワールド」「県立自然科学館」で、子どものキラキラと学ぶ顔が見れて嬉しいです。

オススメのグルメを教えてください。

スーパーに並ぶお魚の種類の多さ、お手頃な値段はさすがです!我が家は3人とも圧倒的に魚派なので、新鮮でおいしいお魚が毎日お手頃にgetできるのはありがたいです。あとは何といってもラーメン!札幌で過ごしていたこともあり、色々なラーメンを食べてきましたが、とにかく新潟はラーメンのお店が多いしおいしい!おすすめは「中田製作所」(五泉市)、「中華そば 石黒」(新潟市中央区)。子どもは「ヤスダヨーグルト」のアイスが大好きです!新潟はまた来たい!と思えるお店が多いと思います。味だけではなく、人情があるのかな?焼肉を食べるなら地元の「焼肉大成」(阿賀野市)!海鮮丼を食べるなら「さばや」(新潟市江南区)もおすすめです!

新潟の「夏」と「冬」の過ごし方を教えてください。

夏の田んぼ(稲が緑色で、風にゆれて田んぼ全体がそよそよとそよいでいる)の風景が大好きです!冬は日照時間が短いので、天気の良い夏はとても貴重です!晴れの貴重さを知っている新潟県民の皆さんは、本当に夏を楽しんでいるなぁと思います。暑いけどBBQ!暑いけどキャンプ!暑いけど海水浴!と夏のレジャーも充実している印象です。冬は積雪量に左右されますが、子どもはやはり雪遊びが好きですね!雪かきや雪道の運転は慣れるまでドキドキソワソワしますが、郷に入ればで何とかなっています(笑)。ウィンタースポーツを経験させてあげられる環境が近くにあるのは本当にありがたいですね。子どもが大きくなった時、経験させてあげたい!

新潟への移住を検討している子育て世帯の方へ向けて、メッセージをお願いします!

移住の理由や想いはそれぞれだと思います。我が家も移住を決意し、実際に越してきてからも、不安や「これで良かったのだろうか…」という自問自答を繰り返してきました。新潟での生活を軌道に乗せるため、毎日必死に暮らす中で、人の優しさに触れ、おいしい物を食べ、色々な所に足を運び、新潟を少しずつ肌で感じることで、今では素直に「新潟に来て良かった」と思えるようになりました。レジャーを子どもにのびのびと体験させてあげられることや、毎日食べるお米がどんな苦労を経て収穫されるのかを間近で学べるのは、最高の教育・食育だと思います。派手ではないけれど、日々穏やかにのびのびと生活したいとお考えの方々には、新潟移住、おすすめです!

新潟県へのU・Iターンに関しての
ご相談はこちらから

新潟県へのU・Iターンに関するワンストップ窓口

にいがた暮らし・
しごと支援センター

80

大手町オフィス
(6月17日(月)に銀座オフィスへ移転します)

〒100-0004
東京都千代田区大手町2-7-1
TOKIWAブリッジ4階

TEL│03-6281-9256

MAIL|こちらから

開設時間|10:30 ~ 18:30

休業日|火曜日・祝日・年末年始

※来所の際は、事前予約をお願いします。

【お知らせ】
大手町オフィスは、令和6年6月17日、新たな首都圏情報発信拠点「銀座・新潟情報館 THE NIIGATA」の地下1階に移転します。

銀座オフィス

東京都中央区銀座5-6-7

銀座・新潟情報館 THE NIIGATA 地下1階

銀座・新潟情報館 THE NIIGATA

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

TEL│090-1657-7263

MAIL|こちらから

開設時間|10:00 ~ 18:00

休業日|月曜日・祝日・お盆・年末年始

ページの先頭へ