にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

  • facebook
  • Search

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

新潟で夢にチャレンジ 第2回

将来のことをよく考えて納得できる就職を
- 池上正男さん -

2008.01.04 掲載

Uターン就職を目指す学生の心得インタビュー
東洋大学キャリア形成支援センター次長

最近は地方の企業の求人も多いと聞きますが

地方の企業の採用も増えましたが、首都圏の企業も積極的ですので、選択肢が増え、もっと有名な企業、もっと条件のいい企業と、なかなか決められない学生が多いようです。Uターンするという意識をしっかり持たないと目移りするんじゃないでしょうか。

将来をじっくり考える必要があるということですね

今すぐ戻るのか、何年か後に戻るのかといった時期も含めて、家族との距離の取り方など、親御さんと将来の生活についてじっくり話をすることが大切です。また、地方の企業と首都圏の企業では、収入や福利厚生、仕事のスケール感などに差がありますが、規模が小さい分一人の仕事の守備範囲が広くやりがいがあるかもしれませんので、何に価値を求めるのか考える必要があります。これらが中途半端だと、納得できる就職はなかなかできないと思います。

地方の企業への就職活動のコツは。

地元との往復がありますので、体力的にも経済的にもまた時間的にも厳しくなります。帰省時期などを使って効率よく活動できるよう早めにスケジュールを調整しましょう。よく第一志望の企業を最初に受ける学生がいますが、就職活動の初期には実力を出し切れず失敗するケースが多くなります。出身高校の進路指導の先生や地元の合同企業説明会等から、鮮度の高い情報を収集してください。求人を出してない企業もありますから、これはと思った企業には直接電話してみるなど、積極的に動く「行動力」も大切です。企業が最も重視するコミュニケーション能力を養うことにもなります。たとえ第一志望がかなわなくても、しっかり準備していれば得るものはあるはずですし、社会で問題になっている早期離職も減ると思います。

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
k.niigata@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ