にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

  • facebook
  • Search

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

教えて先輩! 第8回

外に出て、戻って感じる地元のよさ

2017.11.24 掲載

NPO法人りとるらいふ

齋藤 久美子さん

27歳 上越市

上越市(旧名立町)出身。千葉大学で特別支援教育を専門に学び、卒業後は短期アルバイトで貯金し、タイで現地NGOが運営する障害児の「児童養護施設」でボランティアをする。3年後、家族のいる上越市へUターンし、NPO法人りとるらいふに勤務。

Uターンしたきっかけ

高校まで上越市(旧名立町)に住んでいました。その後、養護学級の教員を目指すべく千葉大学に入学したのですが、悩んだ末、障害がある人の生きることを、その傍で支えたいという夢をかなえるために選んだのが、タイのNGOボランティアです。タイでの3年間の生活の中で、ひとつ気がかりだったのが、地元にいるおじいちゃんのことでした。おじいちゃんのことと、自分の夢の間を行ったりきたりし、3年後「自分のやりたいことは十分やれたじゃないか」と納得をして、Uターンを決意しました。

Uターンする際に不安だったことや心配だったこと

「やりはじめたらなんとかなるだろう」という、あまり計画立てて行動しないタイプなので、帰ってきてからの仕事のこととか生活のことに対する不安はなかったんですよ。「なによりもまずはおじいちゃんと一緒に居よう」、という思いだけで。それに、どんな仕事でも働こうと思えば人間なんでもできると思うんです。

役立った相談機関やサイト

私は不安や心配を感じていなかったのですが、周りは多少気を使ってくれたのか、上越に戻ってきてから、姉や友人が就職雑誌や市の広報などで情報を届けてくれました。あとは、ハローワークに行きましたね。そこで今の職場の求人を見つけ、問い合わせました。
ハローワーク上越
http://www.worknavi.niigata-roudoukyoku.go.jp/joetsu/

ハローワーク上越へのリンク

現在住んでいる地域の魅力

タイにいた時、感じたのが日本特有の四季の美しさです。タイは年中夏なので、四季の遷り変わりのよさを実感し、昔は「面倒だな?」と思っていた衣替えも懐かしく感じたものです。特に新潟は雪も多く寒暖の違いがある良さを感じています。また、学生の頃は、千葉や東京など出身の友達を上越の実家に遊びによく連れてきました。父親が小型船舶の免許を持っていたので友人を船に乗せイカ釣り体験とか、山菜とり、稲刈り体験など。「田舎かがあっていいな?」と友人たちにはうらやましがられました。私にとっては当たり前に過ごしてきたことが、すごい貴重なことだったんですね。あとは、やはり田舎の人の温かさがすきです。都会では隣に誰が住んでいるのか顔もみえませんが、自分の街ならばみんなが知り合いで、すぐに声をかけてくれたり、野菜をおすそわけしたり。そういう人と人とのコミュニケーションが自然に出来ることも素敵だなぁと思っています。

上越市名立区へのリンク

仕事の内容

平成19年4月からNPO法人りとるらいふに就職しました。担当しているのは、毎週日曜日に行なうデイキャンプ、クラブ活動(水泳・アート)などの余暇を支援する企画や申込・問合せ、ボランティアコーディネートのチーフをしています。当法人は、近隣にある上越教育大学や県立看護大学の学生たちがボランティアとして関わってもらうことが多いのですが、実は私も学生時代に同じようにボランティア活動をしてきたので、今は逆の立場になり、運営者側の視線をもちつつもボランティアさんの気持ちに沿った活動を目指して、いろんなことを考えています。大学で経験したことが、今の仕事に役立っているなあと思っています。

りとるらいふ余暇支援ブログへのリンク

休みの日の過ごし方、オススメのお店

友人やおじいちゃんをはじめとした家族と過ごすことがほとんどで、一人で居ることはあまりないですね。ただ、休みが平日なので友人と遊ぶといっても、夜にご飯を食べに行ったりする感じです。家族とは、買い物とか近所にある「花立温泉 ろばた館」に行くことが多いかな。
花立温泉 ろばた館
http://www.city.joetsu.niigata.jp/nadachi/robata.html

花立温泉 ろばた館へのリンク

U・Iターンを考えている若者へメッセージ

私も以前は、夢を追いたい、それがかっこいいと思っていました。地元にいると外の世界がよく見えるものですよね。だから、外に出ることはおおいに結構。でも、もしそこで実家と自分の世界との天秤で悩んでいるなら、勇気をもって動いてみてもいいと思います。外に出た状態で『田舎の良さ』とか考えてても、あくまで頭で考えるだけで本当の意味では感じられないんじゃないかな。私は今、実際に戻ってきて、考えていたよりもはるかに素敵な地元のよさを改めて実感していますから。
<連絡先>
特定非営利活動法人りとるらいふ
http://www.little-life.net/
943?0893 上越市大貫1518?1
Tel:025?522?5808
Fax:025?522?5868

りとるらいふへのリンク

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
k.niigata@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ