にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

  • facebook
  • Search

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

教えて先輩! 第7回

「地域に自分は必要とされている」という充実感

2008.02.07 掲載

塚本こうじ屋

塚本理一郎さん

27歳 佐渡市

両津出身、駅伝選手として県外の大学へ進学。ドイツへ1年間留学後、家業を継ぐためUターン。現在、母校の陸上部の外部コーチやトレッキングガイド、NPOで環境イベントの企画を行うなど活躍。

Uターンしたきっかけ

学生の頃から「地元で生活したい」とは思っていましたが、家業を継ごうとは思っていませんでした。22歳の頃、初めての海外旅行でデンマークを訪れた時、日本の食文化の素晴らしさに気付き、「日本の伝統食である『こうじ』を自分の家で作っているというのは、すごいことなんだ」と実感したわけです。また、「環境教育」に興味を持ち、1年間ワーキングホリデーとしてドイツで暮らしたことも、Uターンを考えるきっかけになりました。首都圏での就職を考えたこともあります。想像ですが、自分ひとりがいなくても会社が動いたり、地域とのかかわりが感じられないのではと思ったことも、佐渡にUターンを決意させる一つでした。

佐渡市へのリンク

Uターンするさいに不安だったことや心配だったこと

家業を継いだため、家があり、食べるものに困らない、仕事もある、という環境だったので不安はありません。しかし、自営業のため給料という項目はないので「いいのかな?」という疑問はあります。両親には「佐渡の商売屋は、みんなこうだよ」と言われるのですが、その辺りは他のみなさん、どうしているのかな?と、聞きたい。
一昨年、佐渡に戻ってきたのですが、「もう少し外の世界を見てからでもよかったかな」と時々感じます。

それを克服、解消するために役立った相談機関やサイト

サイトで言うと、ミクシイの佐渡をテーマにしたコミュニティに参加してはどうでしょう。佐渡にはU・Iターンしてきた人がたくさんいます。その人たちのインターネット活用率は高く、外からの情報を佐渡に伝えたり、また佐渡のことを外に発信するキーマンになっているんです。「海を渡って、わざわざ来てくれた」「佐渡をよく知ってもらいたい」という人が多いので、返信率も高い。投稿型のサイトの方が、現地の情報が伝わってくるので、そういうサイトを利用するといいと思います。

佐渡観光ポータルへのリンク

現在住んでいる地域の魅力

両親の影響もあり、人との出会いが、自分にとって大変勉強になっています。「ここにいても伸びないな」と感じたら、すぐ県外に行っていたかも。今の佐渡には尊敬する方々がたくさんいて、「この人たちからまだまだ学びたい」と思うので、離れられないですね。また、母校で陸上部の外部コーチをさせていただいていますが、「地域に必要とされている」という充実感もあります。静かな環境のため「自分と向き合う時間が持てる」というのも魅力。

仕事の内容

季節によって忙しさが異なるのが特徴です。12月から「こうじ」の仕込みが始まるため、冬はとても忙しい。春から夏にかけては比較的余裕があり、今は「塚本こうじ屋」のホームページを作っているところ。また、父親が自宅で学習塾を行っており、僕も中学生と高校生に勉強を教える手伝いをしています。学習塾に来る中・高校生に話をするのですが「東京にばかり人が集まっていたら、社会が成り立たないでしょ」って。あの年代は、田舎コンプレックスを持っていて、そこを僕たちが変えていかないと。勉強も教えますが、雑談を交えながら佐渡のよさも伝えています

塚本こうじ屋へのリンク

休みの日の過ごし方、オススメのお店

地域行事に参加していますね。環境教育に興味があるため、土日はこうした活動をするNPOのお手伝いをさせてもらったり、部活の練習に付き合ったり。佐和田地区には、U・Iターンされた方が経営するお店がたくさんあるので、そうしたところによく行きます。あと、仙道温泉「湯林荘」という公衆浴場が好き。
あとは、退屈になるのを防ぐため、定期的に新潟市内や県外に出かけて発想に刺激を与え、佐渡での生活にバランスを保つようにしています。

新潟県日帰り温泉へのリンク

U・Iターンを考えている若者へのメッセージ

自分は必要とされているということを、都会生活で感じることは難しいのでは。佐渡で、あなたの活躍の場を見つけてみませんか。

連絡先
塚本こうじ屋http://misokouji.com/index.html
メールアドレス: tsukamoto@misokouji.com
TEL :0259ー27ー2769 FAX :0259ー23ー2199
〒952ー0014  新潟県佐渡市両津湊303

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
k.niigata@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ