にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

  • facebook
  • twitter
  • Search

新しい働き方 第75回

新潟での起業について

2015.02.27 掲載

vol4

合同会社 直送計画 代表

谷 俊介さん

新潟市在住

vol4

関連記事を見る vol1 vol2 vol3

Key word

 東京都出身。大学在籍時からITベンチャー企業に勤務。2011年、妻の実家がある新潟市に、高校からの友人や、IT企業の後輩らと共にIターン。独自の視点で、新潟の魅力的な商品を県内外に紹介するショッピングサイト「新潟直送計画」の運営を行っている。

新潟へのIターン・移住について

 23歳の時に、東京から新潟に移住して起業し、4年が経とうとしています。今回は、地方で起業することについて書いてみたいと思います。

首都圏から新潟に移住して起業して以来、「Iターン」「移住者」として様々な取材を受けましたが、正直なところ、そんなに大それた決断だったとは思っていません。実際、新幹線では2時間弱で帰れる距離です。東京で働きながら、千葉や神奈川の郊外から通勤している人達もたくさんいますから、その程度の感覚でしかありませんでした。それなのに家賃は東京の半額以下。今は事務所からすぐそばに部屋を借りているので、満員電車の苦労もありません。海も山も川も、温泉に雪山まであります。最近では、東京のベンチャー企業が、四国などにサテライト・オフィスを構える、なんて話をよく聞きますが、ITの活用によってこれからさらに働き方が多様化する時代になると感じています。どこででも仕事ができるなら、あえて固定費が高い都心部にオフィスを構え、毎日満員電車に揺られて仕事に向かう理由はないと思っています。

これからの世代の起業について

 もともと、何をするかも決めずに新潟で独立しました。独立当初は、会社ではなく、フリーランスの集合体として仕事を始めましたが、貯蓄も無ければ、特別なスキルもなく、バイトなどを掛け持ちしながら、とりあえず独立してしまいました。現在、ネット通販の仕事や、WEBサイト制作の仕事をさせてもらっていますが、これらにあたって必要なスキルのほとんどは新潟に来てから、独学で学んだものです。僕らの世代は「起業」というと、「ベンチャー」のイメージが先行する部分があり、資本を集め、明確なビジョンを掲げて拡大路線を取ることが理想像のように思いがちです。僕らは気の知れた友人や同僚と集まり、自分たちのペースで仕事をしています。事務所の改装も自分たちでやりました。事務所には卓球台を置いてみたり、エスプレッソマシーンを置いてみたり、大型テレビにゲーム機を置いてみたり、自由に環境を整えました。いかにも「ゆとり的」ですが、僕らにとっては、「誰とどのように働くか」が最も大切なことで、それこそがやりたいことだったように思います。それでも、自ら起業することで一般的な就職の中では決して得られない経験を得られていると感じています。

地方での起業について

「起業してみたいけどやりたいことが見つからない」、という声を聞くことがあります。私自身、やりたいことなど何もなく、何をするかも決めずに独立してしまいましたが、その点では地方に来てよかったと感じています。東京に比べると、地方の方が、単純に「必要とされていること」が明確で、かつたくさんあるからです。起業をして、事業を始めても、それが人に必要とされない限り、対価をいただく「サービス」として成り立ちません。技術の進んだ今では、東京を始め、世界中にあまりにも多くの会社とサービスがあり、何事においても便利な世の中になったと言われます。そんな中で生きてきた経験不足の若者にとっては、世の中に必要とされているサービス、その中で自分ができること、というのが見えづらい部分があると思います。人材が流出し過疎が進み、格差が生まれている地方の中において、必要とされていることは非常にシンプルなことが多いです。自分達自身、あてもなく新潟に来てから、地域の声に耳を傾け、自分たちのペースで、できることを模索しながら会社を運営してきました。今では地域の多くの農家さんや生産者さんにご支援いただき、ローカルメディアにも多く取り上げていただく機会を得ています。自分たちなりの、ゆるやかなペースではありますが、「地域社会との繋がり」の中で、着実に成長していることを実感しています。そんな自分たちの働き方が、多様な生き方を考える新しい世代の働き方の一つとして、考えてもらうきっかけになればと思っています。

新潟直送計画へのリンク

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
uitc@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ