にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

  • facebook
  • Search

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

新しい働き方 第55回

地域を知るとおもしろさが広がる

2014.04.16 掲載

vol1

がっとこむかめだ店長

阿部和志さん

27歳 新潟市在住

vol1

関連記事を見る vol2 vol3 vol4

 新潟市在住、27歳。生まれも育ちも新潟市。現在、新潟市江南区にある「がっとこむかめだ」の店長をしている傍ら、地域の魅力を伝える「まちあるき」活動や「アート系のボランティア」活動など、地域を盛り上げる活動も行っている。

私の好きな町「亀田」地域

 皆さん初めまして。阿部和志と申します。私は現在、新潟市江南区の亀田地域を拠点に活動しているNPO法人ボランティア亀田という団体に所属し、商店街にある「がっとこむかめだ」という施設で店長をさせて頂いております。私自身が、まだまだ働き方について暗中模索している状態ですので、逆にその過程を書いていけたらと考えています。また、私の大好きな「亀田」地域についての良さが、皆さんに少しでも伝わればと思います。つたない文章ですが、どうぞよろしくお願いします。
 
 ちなみに、皆さんは亀田というとまずは何を思い浮かばれますか? 「亀田製菓」、「イオン新潟南ショッピングセンター」、「JR亀田駅」あたりが、頭に浮かばれるのではないでしょうか。(私も4年前は、そうでした。)それでは、新潟が世界に誇る「亀田製菓」が戦後の小さな工場からスタートしたことはご存知でしたか?「イオン新潟南ショッピングセンター」が建っている場所から、平安時代の遺跡が出てきたことは?「JR亀田駅」が新潟駅よりも7年前に開業していたことは?そして、亀田の町がかつては『芦沼』と呼ばれて胸まで水につかって農作業を行っていた様な土地から、江戸時代に住民の人たちが新発田藩に願い出て一から築き上げてきた地域だと言うことは?
 意外かもしれませんが亀田という町は、実は凄い町なのです。

亀田との素晴らしい縁

 私もそうですが、意外に人って町を知っているのではなくて、その町にある施設やお店、または名前を知っているだけ、言い換えてみれば町を点としてしか知らないことの方が多い様です(私もそうですが)。それも、住んでいる人たちが知らないことが本当に多いんです。それって凄くもったいないことだと思いませんか!「仕事をしていたら、家になんて夜眠りに帰るだけだよ。」「私たち、出身は別の地域で、たまたま引っ越してきただけだから。」って声も聞こえてきそうですが、それでも自分が暮らしている地域にこんなに素晴らしいモノがたくさん有るのだと知ることって、絶対損じゃないと思います。

 そろそろ、コラムのテーマと全然関係のない話ばかりじゃないか。と言う声も聞こえてきそうですが、なぜこの様な話を出したかというと、現在の私の活動は、「亀田」で巡り会った数々の素晴らしいご縁と「亀田」という地域に魅せられたことから、偶然始まったことなのです。

「地域の主役」は「人」

 私は、小さい頃より祖父母から昔話などを聞かされていたせいか、小学校の3年生位から各地の民話や伝説に興味を持ち、今で言う『民俗学』の様なものに、とても興味を惹かれました。この頃から今も変わらずに、東京などの大都会へのあこがれよりも、日本各地にある地域への興味の方がとても大きかったと思います。余談ですが、仕事、趣味などに関係なく、とても生き生きと何かの活動をされている方達からお話を伺うと、結構な確率で小さい頃からその「事」や「物」が好きだった方が多い様です。

 私自身、「なんで現在の活動をしているのか?」と考えてみると、『こういうことが、昔から好きだから』という気持が一番の根底にある様に思えます。以外に、大小に関係なく何かの悩み事や迷ってしまった時は、小さい頃のことを思い出してみると解決への大きなヒントが転がっている様に思えます。

がっとこむかめだFBへのリンク

亀田の素晴らしさを感じて

 話は少し戻りますが、冒頭の亀田について書いていながら、私自身も4年前までは亀田には縁もゆかりもない生活を送っていました。そして、色々な方々から突っ込まれるのですが、現在も亀田在住ではありません。しかし、だからこそ亀田地域の素晴らしさを純粋に感じることが出来、住民の方達の勿体なさが分るのだと思います。

 最近「地域再生」という言葉をよく耳にしますが、それには中からだけではなく外からもその地域に目を向ける存在があってこそだと感じています。実は「地域」って、生活をしている人たちはもちろんですが、その他にも出身者や私の様に魅せられた者を含めて、何かしら主体的に関わっている人たちみんなが、「地域の主役」なのだと思います。だって、日本という国だって最初から1つだった訳ではなく、たくさんの地域が集まって出来た国なのですから、そのことを考えると「地域が主役」であり、「地域の主役」は「人」なのだと思います。

 子供や若者が働く場所や暮らす場所について「何処でも良い」ではなく、「何処何処が良い」と皆が言える様になれば良いなぁとつくづく思います。不可能なことでは全然ないですよ。だってこのコラムを執筆されていた先輩方は皆さんそうなのですから。
 
 私は「Uターン」や「Iターン」って、とてもポジティブな考え方だなと思います。

がっとこむかめだへのリンク

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
k.niigata@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ