にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

  • facebook
  • twitter
  • Search

教えて先輩! 第74回

夢を叶える為に新潟を選んだ

2013.08.07 掲載

サイクルワークスFin’s 勤務

三輪隆文さん

25歳 長岡市在住

 1988年生まれ。福岡県出身。中学生の頃からダウンヒル競技※に興味を持ち、高校卒業後は妙高市の専門学校で、マウンテンバイク(以下:MTB)のメンテナンスや競技運営について学ぶ。現在、長岡市にあるサイクルショップ『サイクルワークスFin’s』にてMTBの担当スタッフとして勤務しながら、プロライダーとしても活躍している。

※ダウンヒル競技:自転車競技の一つ。急斜面の山のコースを高速で下り、タイムを競い合う。

MTBとの出会い

 中学2年生の時、父親が読んでいたアウトドア雑誌をたまたま手に取り、そこに掲載されていたダウンヒル競技に興味を持ちました。そのことがきっかけでMTBに乗り始め、地元で開催された入門クラスのMTBレースイベントでトップのタイムを記録したことから、ますます面白さにはまっていきました。

 ダウンヒル競技は、コース内であれば自由に走ることができます。セオリーはなく、その場その場で判断して走るので、石などの障害物があればかわしても、乗り上げても、飛んでもOKです。本来であればコンマ何秒という世界で戦う競技ですが、すごい選手だと4秒、5秒も差をつけることもあります。
瞬時の決断力と勇気、チャレンジ精神を要するダウンヒル競技は、自分の性格に合っていると感じます。それから、ケガに対する恐怖心が無かったことも、この競技に没頭できた大きな理由の一つでした。

卒業後の進路

 高校卒業後は、妙高市にある専門学校のアウトドアスポーツ学科マウンテンバイクコースに進みました。国内で本格的にMTBを勉強できる唯一の学校だったので、迷うことなく進学を決め、3年間かけてメンテナンスや競技運営について学びました。
 
 その後、就職先を決める際、仕事をしながらも、どうしてもプロライダーとして競技を続けたいと考えました。そこで、地元の福岡市や新潟県内のサイクルショップを訪ね、オーナーに自分の夢を伝えた上で、働かせてもらえないかお願いしていきました。気持ちが折れそうになりながらも一軒一軒ショップを回り続けた中で、ようやく出会えたのが、現在勤めている長岡市の『サイクルワークスFin’s』です。アポもとらずに閉店間際に訪れたのですが、オーナーに自分のこれからの夢、競技を続けたい気持ちを一生懸命説明したところ、理解してもらうことができました。

MTB担当のスタッフとして

 他のサイクルショップでは、メーカーから納品された自転車をそのまま売ることが多いのですが、『サイクルワークスFin’s』では、必ず一回パーツをばらして、一人一人のお客様に合わせて組み直して販売しています。
 
 ショップの中では、私はMTB担当のスタッフを務め、平日は修理の作業、週末は接客、販売と忙しい時間を過ごしています。MTBといっても様々なタイプがあるので、お客様がどういう使い方をしたいのかをお聞きし、最適な商品をお勧めするのが自分の役目だと思って仕事をしています。そのため、今まであまりMTBに力を入れていなかったこのショップにも、少しずつ、MTB愛好家のお客様が増えてきていると実感しています。分からないことがあれば何でも聞いてほしいので、ショップではぜひ気軽に声をかけてもらいたいです。

これからの夢

 年齢的にも、そんなに長くは競技が続けられないと思っているので、これからは少しずつ、後進の指導も進めたいと考えています。新潟はこれだけ多くの自然に恵まれており、MTBを楽しむ人たちにとっては良い場所が沢山あるので、もっと多くの人たちからMTBに興味を持ってもらいたいです。
ですが一方で、新潟にはきちんと整備されたフィールドがありません。これは、MTBを販売していてとても残念に思う部分でもあります。今後は、安心して楽しく走れる場所を調整することも自分の仕事だと考えており、それらの取組によって、子どもから大人まで多くのMTB愛好者が生まれていくのが夢です。

新潟に戻ろうと考えている皆さんへ

 私が新潟に来たのは進学がきっかけでしたが、そのおかげで、多くの仲間や魅力的な自然に出会うことができました。無茶なお願いを聞いてもらいながら、仕事をさせていただけるショップのオーナーにも、とても感謝しています。
 
 新潟が地元である皆さんは、もっと新潟を大切にしてほしいです。そうすれば、地元でやりたいことがきっと沢山見つかるので、ぜひ色々とチャレンジしてほしいと思っています。

サイクルワークスFin’sへのリンク

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
uitc@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ