にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

  • facebook
  • twitter
  • Search

教えて先輩! 第62回

夢の実現のために新潟へ

2012.09.11 掲載

ダンサー

中野綾子さん 加藤千明さん (第2部)さん

新潟市

中野綾子さん、加藤千明さんは2009年に新潟市芸術文化振興財団を退団。それぞれ別な場所としてヨーロッパで活動を始める。そこで日本の、新潟の良さを感じ、あらためて自分たちの活動場所を模索し始めた。(写真左が加藤千明さん、右は中野綾子さん)

ヨーロッパで見えて来たこと

「別々にヨーロッパに行っていたが、ベルリンで逢ったりして連絡はとれる状況にありました」と中野さん
「ヨーロッパに行って、多くの作品を見て自分自身これからどうすればいいのかとても迷いました。それでも正直このままヨーロッパに残りたい自分も居ました。でも自分にしかできないという事も見つからず、ふと考えた時に、新潟で活躍している舞踏家の堀川久子さんのパフォーマンス思い出し、新潟に戻ろうと思いました」

「日本を離れてみて、あらためて大きな気づきがありました。
もともと、自分は国が違っても演技は伝わると考えていたので、国が違うと伝わらないとかそういう考え方が嫌いでした。でも実際に海外で過ごして、これは日本人にしか出来ない表現とか日本人らしさとは何か考えました。その時に新潟で活動する堀川久子さんに教えて貰いたいと心から思いました。

2010年の秋に、ふたたび新潟へ

「その空間に存在しているのだけれど、決して全面に出てこない。自然と溶け込むというか・・・。表現が上手くできないのですが、無になるような不思議な感覚を堀川久子さんの表現から感じています」と加藤さん
そうした感覚を教えていただいたことが、ふたりにとって大きな存在であり、新潟に戻ってきた大きな意味のひとつだったといいます。

『あらためて新潟で暮らして』

ふたりは現在、新潟市内に住んでいて、良く市場で買い物をするそう。そこで見るお年寄りの姿が演技に役立っている。
「自然に私たちを受け入れてくれる。すごく優しい。でも決して前には出てこない。自然な立ち振る舞いが、
とても良いといい。これも上手く話せないのですが、自然体が素晴らし過ぎて町に同化しているというか包容力というか、堀川さんが私たちに教えてくれる世界観がそこにある」と加藤さん

また、二人にとって新潟は丁度良いサイズだと言います。

「東京であれば「何かしたい」と思っても情報発信、練習場、講演会場、音響などとても大きな費用が必要です。また興味の無い人に伝える方法も、ものすごいエネルギーが必要。ですが新潟だと、とにかく話を聞いてくれ、応援してくれる」と中野さん。

会場も練習場所もお願いすると、割と簡単に受け入れて貰える。燕喜館、砂丘館、越前浜、先日おこなった「いずみ湯」の時も、やってみたいと考えていた場所で偶然出来るチャンスを貰った。
特に「いずみ湯」の場合は、ふたりが銭湯でやりたいと考えていた矢先に先方から「銭湯でパフォーマンス」してみないかと相談されたことで実現したイベントだった。

新潟の魅力実感

新潟は二人にとって、サイズ的に非常に良いバランスだという。80名くらいの集客できる無理のない会場が意外に多くある事。応援してくれる人たちがとても優しいという事。自然が豊か。なによりもここで生活している人たちが、ふたりのパフォーマンスに程よい刺激を与えてくれているよう。
包み込むような暖かさがある言葉。程よい距離感を大切にしてくれる地域。
「東京で誰かに気付いて貰うことには、すごいエネルギーが必要だし、相当に頑張らないと難しい面がある。でも新潟は意外に受け入れてくれるし、判って貰える場合は結構ある」と加藤さん

「新潟は、新しいことを始めるのに最初は保守的に感じますが、意外に受け入れてくれる土地なので、チャレンジしてみる価値のある場所だと思います。食べ物もおいしいし、自然も豊かだし、海も山も温泉もあるし、本当に良い街だと思います。私たちがふたりとも「ノイズム」の縁で新潟へ来て、いちど新潟を離れました」
新潟へ戻って活動が続けられています。魅力がなければ新潟に戻っては来ないと思います」と加藤さん

「偶然に二人が出会って、新潟で奇跡的に出会えた事。いっしょに仕事をする中でこんなに気の合う人に出会えたことが本当にうれしいと思っています」と中野さん

Iターンのふたりが、今度はUターンで新潟に戻って来ました。中野さんと加藤さんのチャレンジは新潟という地で、確実に前進している。

■イベント情報

中野綾子さん加藤千明さんの公演が開催されます。ぜひこの機会に。
『中野綾子+加藤千明 ダンスパフォーマンヌ〜仏像たちの前で KIAGEBA 2 』
2012年9月22日(土)・23日(日)
※両日19時開演
料金:1500円(予約) 2000円(当日)
会場:真宗大谷派 木揚場教会 新潟市中央区礎町通上一ノ町1957
ご予約:木揚場教会ダンスパフォーマンスの会 090−8615−9942
jg7t-ksn@asahi-net.or.jp
yotsuya.tv@hotmail.co.jp 
上記のメールでチケット予約受付しています。

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
uitc@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ