にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

  • facebook
  • twitter
  • Search

新しい働き方 第3回

8世帯18人の小さな集落で暮らす

2011.10.26 掲載

vol1

十日町市地域おこし実行委員会

小佐田 美佳さん

十日町市

vol1

関連記事を見る vol2 vol3

小佐田 美佳(こさだみか)
東京出身。
2004年池谷集落と出会い、
2011年4月東京の職を辞し、池谷集落に移住。
十日町市地域おこし実行委員会所属。
主に、イベント企画・運営、広報を担当。

8世帯18人の集落に移住

 2011年4月17日に、新潟県十日町市にある8世帯18人の池谷集落に移住してきました。
 私が池谷集落に出会ったのは、2007年のことでした。2004年の中越地震で大きな被害を負った池谷集落と池谷集落の隣集落・入山集落(平成元年閉村)の復興と地域おこしを支援していた、国際協力NPO JENでインターンシップをしていた関係で、JENのボランティアイベントに参加したことが、きっかけでした。
 就職してからも、池谷集落にボランティアとして通い続け、集落の方たちの懐の深さに触れたり、小さい村ながら“集落の存続”にむけひたむきに取り組んでいる様子を見たりしているうちに、いつしか「自分が今東京でしている仕事よりも、池谷のような集落で地域おこしの仕事をしてみたい」と思うようになりました。
 そして、3年働いた東京での職を辞め、18人目の住民として池谷集落で住み始めることになりました。

JENへのリンク

やりがいある地域おこし活動

 池谷集落では、池谷・入山集落で地域おこし活動をする「十日町市地域おこし実行委員会」(以下、実行委員会)の一員として、働いています。主な仕事は、農作業体験イベントなどの運営とブログやtwitterの管理などの広報です。
 実行委員会では、平均月に1〜2回都会の方向けにイベントを開催していて、イベント企画から参加者の調整、イベント運営までを主に一人で行っています。とはいえ、一人では出来ないこともたくさんあるので、他のメンバーに手伝っていただいたり、集落の方たちとも相談しながら、毎回試行錯誤でやっています。
 集落で暮らしていると、普段の生活と地域おこし活動の境目があいまいなので、なかなか事務仕事をする時間がとれなかったり、うまくいかないこともたくさんあるので、正直大変ですが、毎日・毎週同じような仕事をしていた会社勤め時代に比べ、意義深いことをしているという意識があるからか、充実感の方が強いです。
 特に、イベントに参加してくださった方が喜んでくれたり、リピーターになってくださったりすると、とても嬉しいです。イベントを通してできる人のつながりも、私にとって大きなやりがいになっています。

小さな集落に住むこと

 よく、十日町市に住む人からも、都会からやってくる人からも「よくこんなところに住む決意をしたね」と驚きまじりに言われますが、住みはじめてしまうと不便さも案外慣れてしまいます。
 集落は標高300メートルの山の中にあるので、気軽にちょっとした買い物に行けないなど都会に比べたら不便ですが、都会では得られないものであふれています。
 それは、例えば自然の豊かさや静けさ、四季の移ろいだったり、集落や地域の人たちとの家族的な付き合いだったり、おいしいお米や水、野菜だったり、数えていけばキリがありません。
 いわゆる“田舎”を嫌って離れてしまう人は、地域の人はみんな知り合いといった狭い地域独特の閉塞感を嫌うようですが、都会から来る私にとってはむしろそれが魅力に感じます。高台から見下ろせば集落のほとんどが見渡せ、「ああ、あそこでどこそこのお父さんが作業しているな」とか、「あそこのお母さんの車がないから、どこかおでかけかな」と、知り得てしまうような、そんな小さな集落にいとおしさを感じます。

ゆめ

 今の夢は、池谷・入山集落の存続と、かつ「住む人も訪れる人も幸せになれる集落」にすることです。今がけしてその状態ではないとは言いませんが、農業従事者の高齢化、農業後継者不足といった課題はまだ山積みなので、ひとつずつ解決していく必要があります。
 そのためにも、知恵をしぼり協力しながら、頑張っていきたいと思います。

池谷・入山ガイド(十日町市地域おこし実行委員会)へのリンク

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
uitc@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ