にいがたU・Iターン総合サイト にいがた暮らし

MENU

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

  • facebook
  • Search

H29.2 新潟県U・Iターン総合サイト「にいがた暮らし」リニューアルオープン!
旧サイト“ニイゲット”の情報も加えて情報発信してまいります。

新潟市

新潟暮らしはHAPPYターン

~新潟市ではじめる、楽しい、おいしい快適な暮らし~

 越後平野の中央部、信濃川・阿賀野川の河口部に位置する新潟市は、本州日本海側唯一の政令指定都市。国際空港や新幹線、高速道路網など各種交通網が整備されており、東京から新幹線で2時間と首都圏からのアクセスも良好。中心地には大型商業施設や文化施設が立ち並ぶ一方、海・山・川の美しい自然にも恵まれ、“まちなか”と“いなか”を同時に楽しむことができます。

新潟市ならでは?移住者が集まる「HAPPYターン交流会」

新潟市移住者応援有志の会「ミチシルベ」と新潟市役所によって、定期的に開催している「HAPPYターン交流会」は、新潟市に移住した人同士が気軽に交流できる場として、新潟暮らしをより快適に楽しんでもらうことが目的のイベントです。ワークショップは毎回、参加者の真剣な眼差しと笑顔で溢れています!
「新潟市へ移住しても友達ができなさそうで心配・・・」と思う方は是非HAPPYターン交流会へ。

第5回交流会開催レポート >>


NGT48太野彩香さん主演 新潟暮らしプロモーションムービー

「アヤカニたーん」

NGT48のオーディションに合格して間もない兵庫県出身の太野彩香さん(ニックネーム アヤカニ)が、全編関西弁で新潟市の魅力を伝えます。
夢をかなえるため、知らない街、新潟市で暮らし始める(Iターンをした)少女の不安と期待。最初は馴染んでいないと感じた街に徐々に慣れ、そして好きになる。
なんだか優しい、暖かいまち、新潟市。そんな「わたしの新潟暮らし」を兵庫県出身の彼女の表情から、感じていただける内容となっています。

U・Iターン者向けの支援策をご紹介します。

仕事 就職 市内就労促進事業 新潟市 新潟市
新潟市学生就活相談デスクでは、新潟市内での就職希望者・ご家族からの相談を受け付けています。また、保護者のための就活応援講座等を実施しています。
問い合わせ先1
雇用政策課 TEL 025-226-1642
仕事 就職 若者UIJターン促進事業 新潟市 新潟市
首都圏で市内企業に関するセミナー等を開催しています。
問い合わせ先1
雇用政策課 TEL 025-226-1642
仕事 起業 UIJターン創業促進事業 新潟市 新潟市
県外からの移住を伴う創業者に対し、創業に必要な経費の一部を補助。併せて、公益財団法人新潟市産業振興財団(通称:新潟IPC財団)の専門家が事業計画のブラッシュアップや経営課題の相談に応じるなど創業前から創業後まできめ細かな支援を行います。
・対象経費:設備費、事務所の改装費、広告宣伝費、転居に係る経費、人件費(雇用を伴う場合)ほか
・補助率:対象経費の1/2(上限 50万円 ※新規雇用を伴う場合は最大100万円)
問い合わせ先1
産業政策課 TEL 025-226-1610
問い合わせ先2
新潟IPC財団 TEL 025-226-0550
住宅 リフォーム UIJ支援 にいがたすまいリフォーム助成事業 新潟市 新潟市
県外からのUIJターン世帯に対し、住宅リフォームや転居に係る費用の一部を補助します。
・UIJターン世帯:補助率:1/2(上限 50万円)
・空き家を購入したUIJターン世帯:補助率:1/2(上限 100万円)
・耐震改修加算:補助上限額をプラス100万円
問い合わせ先1
住環境政策課 TEL 025-226-2815
住宅 空き家バンク等 空き家無料相談所 新潟県 新潟県
(公社)新潟県宅地建物取引業協会と連携し、県内13か所で、空き家の利用希望者に対する空き家物件の紹介や建物調査、購入する場合の情報提供などの支援を行います。
問い合わせ先1
新潟県宅地建物取引業協会 TEL 025-247-1177
住宅 その他 ふるさと越後の家づくり事業 新潟県 新潟県
「越後杉ブランド認証材」を使用した住宅の建設を支援。越後杉使用量に応じて補助します。また、若者・UIJターン者及び農林水産業新規就業者には補助額の加算もあります。
問い合わせ先1
林政課木材振興係 TEL 025-280-5324
結婚・子育て その他 新潟市奨学金貸付事業 新潟市 新潟市
無利子で奨学金を貸与します。
・対象校種:高等学校、専修学校高等課程、高等専門学校、専修学校専門課程(専門学校)、短期大学、大学、大学院
・貸付額(年額):高等学校等 20万円  専門学校、短期大学、大学及び大学院 40万円
・返還:卒業後、半年ごとに年2回(7月、12月)。
・返還特別免除:専門学校、短大、大学及び大学院の奨学生が卒業後、新潟市内に居住し、市民税が課税されている場合、返還開始後7年を超えない範囲内で、年間返還額の1/2を申請により返還額から免除(免除限度額:貸付総額の1/4,貸付総額160万円を超える場合は40万円まで)。
問い合わせ先1
教育委員会学務課 TEL 025-226-3168
結婚・子育て その他 ひとり親家庭等U・Iターン促進支援(引越費用支援) 新潟県 新潟県
県外から親子等で本県へU・Iターンするひとり親家庭等世帯で、県奨学金(U・Iターン促進支援枠)を利用する世帯を対象に、引越費用を支援します。
問い合わせ先1
新潟暮らし推進課 TEL 025-280-5635
体験・交流 イベント等 都市型グリーン・ツーリズムの情報発信 新潟市 新潟市
農業・農村体験や漁業体験ができる関係施設やイベントについてガイドブック等で情報を発信しています。
問い合わせ先1
食育・花育センター TEL 025-282-4181
体験・交流 イベント等 にいがたで「暮らす・働く」応援プロジェクト 新潟県 新潟県
県外の若者等に1か月程度滞在型のインターンシップ(「農業」、「茅葺き屋根修復」などのメニュー)に参加してもらい、就業や地域での暮らしを個別支援します。
問い合わせ先1
新潟暮らし推進課 TEL 025-280-5635
その他   新潟市HAPPYターンサポーター認定制度 新潟市 新潟市
情報発信や相談対応など移住前から移住後まで様々な面で移住をサポートすることを目的に、「新潟市HAPPYターンサポーター」を設置しています。市民をあげて移住者の受入体制の整備・強化を図り、本市への更なる移住促進につなげるため、個人からの登録を募集しています。
問い合わせ先1
新潟暮らし奨励課 TEL 025-226-2149
その他   にいがた暮らし通信 新潟県 新潟県
新潟へのU・Iターンを検討されている方や、新潟と関わりたいとお考えの方に役立つ情報を、メールマガジンやダイレクトメールでお届けします。
問い合わせ先1
新潟暮らし推進課 TEL 025-280-5635
その他   Uターン促進奨学金返還支援 新潟県 新潟県
県外在住の本県出身者が本県にUターン就職した場合、奨学金の返還を支援します。
問い合わせ先1
新潟暮らし推進課 TEL 025-280-5635
体験・交流 イベント等 都市型グリーン・ツーリズムの情報発信 新潟市 新潟市
農業・農村体験や漁業体験ができる関係施設やイベントについてガイドブック等で情報を発信しています。
問い合わせ先1
食育・花育センター TEL 025-282-4181
仕事 就職 市内就労促進事業 新潟市 新潟市
新潟市学生就活相談デスクでは、新潟市内での就職希望者・ご家族からの相談を受け付けています。また、保護者のための就活応援講座等を実施しています。
問い合わせ先1
雇用政策課 TEL 025-226-1642
仕事 就職 若者UIJターン促進事業 新潟市 新潟市
首都圏で市内企業に関するセミナー等を開催しています。
問い合わせ先1
雇用政策課 TEL 025-226-1642

新潟で夢にチャレンジ 98回

ウチノ食堂藤蔵 店主

野呂 巧さん

前編

 かつて潟の水を日本海へ流すための治水事業で栄えた新潟市西区内野町。現在は新潟大学がキャンパスを構え、独自の歴史と新しい風が交わるような地域となっています。 …

新しい働き方 121回

一般社団法人おらってにいがた市民エネルギー協議会 専務理事

木村義彦さん

vol4

 茨城県出身。福島大学・大学院卒。大学院では、農山村地域における活性化をテーマにグリーン・ツーリズム事業と都市農村交流事業の可能性を研究。卒業後、首都圏で市民の…

関連記事を見る vol1 vol2 vol3

新しい働き方 115回

木村義彦さん

vol3

 茨城県出身。福島大学・大学院卒。大学院では、農山村地域における活性化をテーマにグリーン・ツーリズム事業と都市農村交流事業の可能性を研究。卒業後、首都圏で市民の…

関連記事を見る vol1 vol2 vol4

2017年2月10日 掲載

HAPPYターンmag

移住者インタビューやスナップ集、新潟市の冬の過ごし方、子育てママのクロストークなど新潟暮らしのリアルが感じられる内容となっています。

●問い合わせ先

新潟暮らし奨励課

2017年2月4日 掲載

NIIGATA LIFE

若者に新潟暮らしの良さを効果的に伝えるため、市内及び周辺の大学生等と意見交換をしながら制作しました。新潟市と首都圏のライフスタイル比較や学生おすすめスポット紹介など新潟暮らしの魅力に溢れた内容です。

●問い合わせ先

新潟暮らし奨励課

2017年2月10日 掲載

にいがたライフスタイルvol.1~vol.10

新潟県では、新潟に移住した20代~60代の先輩のライフスタイルをリーフレットで紹介しています。
ダウンロードをクリックすると、特設ページをご覧になれます。

●問い合わせ先

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた 表参道オフィス
TEL:03-3479-1415
資料請求メールフォームはこちらから>>

2017年2月10日 掲載

にいがたUターンでかなえる10のこと。

本県の暮らしやすさを、新潟県と東京都における生涯収入・支出の比較や、住宅の面積、通勤時間、子育て環境などからお伝えします。

●問い合わせ先

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた 表参道オフィス
TEL:03-3479-1415
資料請求メールフォームはこちらから>>

2017年2月10日 掲載

にいがたで、はじめる。

新潟県への移住を検討されている方に、「にいがた暮らし」の心構えや県内市町村をご紹介するガイドブックです。

●問い合わせ先

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた 表参道オフィス
TEL:03-3479-1415
資料請求メールフォームはこちらから>>

もっと見る

面積
726.45平方キロメートル
人口
810,157人(平成27年 国勢調査)
気象条件
平均気温:14.4℃(最高気温:36.0℃、最低気温:-3.4℃)
毎年の最深積雪の平均:36㎝
主な産業
農業、製造業(食料品、金属製品)、商業
主な産物
農産物(米、野菜、果物)、水産物、加工品(米菓、清酒)
保育・教育機関
保育園:212 、幼稚園:53 、小学校:115 、中学校:61 、中等教育学校:1、高等学校:29 、大学:12
医療機関
病院:44 、診療所:657 、歯科診療所:496
交通アクセス
( 市町村役場所在地まで )
● 自動車
 東京練馬ICより関越道経由で約3時間30分
● 鉄道
 東京駅から上越新幹線で約2時間

新潟暮らし奨励課

TEL 025-226-2149
Mail kurashi@city.niigata.lg.jp

新潟市HAPPYターン相談窓口(新潟市東京事務所)

TEL 03-5216-5133

Mail office.tokyo@city.niigata.lg.jp

このページをSNSで共有する

  • LINEで送る

新潟県のU・Iターンに関しての相談はこちらから

新潟県へのU・Iターン、移住に関するご相談は

にいがた移住支援デスク・ココスムにいがた

表参道オフィス

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-11-7 表参道・新潟館ネスパス2階

開設時間
10:30~18:30
休業日
火曜日・祝日・年末年始
電 話
03-3479-1415
メール
niigatakurashi@pref.niigata.lg.jp

※ ハローワーク機能をもつ
にいがたUターン情報センター」を併設しています

有楽町オフィス

〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F
NPO法人ふるさと回帰支援センター内

開設時間
10:00~18:00
休業日
月曜日・祝日・お盆・年末年始
電 話
090-1657-7263
メール
niigata@furusatokaiki.net

U・Iターン転職・暮らしに関するご相談は

新潟県U・Iターンコンシェルジュ

新潟県U・Iターンコンシェルジュ事務局  株式会社パソナ パソナ・新潟

電 話
新潟事務局:025-374-7410   東京事務局:03-6734-1358(ともに平日9:00~17:30)
メール
k.niigata@pasona.co.jp(新潟事務局・東京事務局共通)
ページの先頭へ